プログラミング学習におけるアクティブラーニングを意識した学習方法(教室運営)

  • 2018.06.20

前回は、生徒が能動的に学ぶ学習方法「アクティブラーニング」について書きました。

今回は、私たちが運営する教室「プログラミング教室 フーコ」が実践している「アクティブラーニングを意識した学習方法」についてお話したいと思います。

アクティブラーニングを意識した学習方法

私たちの教室では先生が「教えない」というスタイルでプログラミング教育を行っています。

プログラミングについて生徒が質問をしてきた場合、先生は一緒に悩むだけ。答えとなる「やり方」を教えることはありません。
私たちの教室では、生徒が先生からプログラミングについて教わることは一切ないのです。
生徒自身が、作りたいモノを発想し、作るための方法を試行錯誤し、解決策を見出すことで、力をつけていきます。

前提となる基礎知識は動画教材で

まったくのゼロの状態で生徒にパソコンだけ与えても、子どもはプログラミング学習をすることはできません。

私たちの教室ではプログラミング学習ソフトとして「Scratch」を採用しています。
Scratchはとても素晴らしいソフトなのですが、Scratch単体では何をしたら良いのか、どう作品を作ったら良いのか、をアシストする機能がありません。

そこで私たちの教室では、前提となる基礎知識などについては「動画教材」を作成してそれで身に付けてもらっています。
「動画教材」というと少し大袈裟で語弊があるかもしれません。「ゲームやアニメーションのレシピ集」といったほうが正しいかもしれません。
それがこのホームページでご案内している小・中学生向けプログラミング学習教材 Progra!(プログラ)という教材です。

Progra!は、動画内のレシピにしたがってScratchでプログラミングをするだけで、基本的な作品作りができるようになっています。
動画内ではナビゲーターの音声解説が収録されていますが、あくまで作り方をナビゲートするのみ。
必要以上に教えすぎてしまわないようにし、最低限の基礎知識だけが作品作りの中で身に付くよう配慮しています。

生徒に動画教材で学んでもらうことで、自主性を持って学習できるようになるまでの基礎的な学習のステップにおいても「先生が教えない」という学習スタイルを貫くことができています。

先生は「一緒に悩む」人

Progra!で一通りの基礎知識や操作方法について学んだ後、生徒が自らやりたい方向へとゲームを改造していきます。
先に述べたように、もし生徒がやりたいことについて質問してきた場合、先生は「どうやればいいんだろうね?」というだけで答えとなるやり方を生徒に教えることはしません。

この点で注意したいことが、ただ教えないのではなく、先生は「一緒に悩む」という姿勢でいること。
単に教えず放置してしまっているのでは自習と変わりません。そうではなく、先生が見ていてくれる、一緒に悩んでくれている、と生徒が実感できるようにするが肝要です。

先生が一緒に学習していると実感できている生徒は、折に触れて先生に作業の進捗を報告します。

「こうなったら面白いと思うんだ」
「これがこうならないのかなぁ」
「変な動きになった!アハハ!」
「みて、できた!」
「できたかと思ったけど違った!」

こんなやり取りを先生と繰り返していく中で、生徒は自らの力で発想し創造する楽しさを覚え、先生から教わることなくメキメキと力をつけていきます。

まとめ

ポイントは、アクティブラーニングが生徒に主体性・自主性を身に付けさせる目的で行われるからといって、完全な自習はアクティブラーニングとは違うということ。

「一緒に悩む」という先生の行動のように、大人たちは生徒の自主性を育むべく環境を整え「仕向ける」ことが大事だと考えています。

私たちの教室の例はあくまでも、アクティブラーニングを意識した学習方法、であり公教育の現場でいわれるところのアクティブラーニングとは少し違うとは思いますが、こんな学習方法で教室をやっているところもあるのか、と参考にしていただければ幸いです。

さぁ、プログラミング学習 を はじめましょう!※ ご質問・ご相談はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

お申し込み